http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1371615041
ワタミで死ぬほど働く → 謎の給与天引き、寄付金の半強制で手取りは雀の涙ほどに
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[]投稿日:2013/06/19(水) 13:10:41.18 ID:de2QFk3j0 BE:49720234-2BP(5288)[1/1回(PC)]
大臣告示超える残業 / 天引きされ手取り十数万円 

 参院選で自民党から立候補する渡辺美樹氏が会長を務める居酒屋チェーン「ワタミ」で 
無法な長時間労働と低賃金が横行している問題が18日、明らかになりました。 
“ブラック企業”の内実を日本共産党の田村智子参院議員が参院厚生労働委員会で取り上げたもの。 

 田村氏が紹介した元正社員Aさんは、2年間勤務し、月45時間の時間外労働を超えた月が6カ月にのぼり、 
年間で480時間超。しかも「所定勤務重複等調整」と称し、多い月には数万円も内容不明の天引きが行われ、 
“死ぬほど残業”しても手取りは十数万円にしかなりません。 

 さらに、休日でもワタミの経営理念や著作の学習・リポート提出を求め、 
「ワタミの森」という植林事業や「夢プロジェクト」という事業への寄付が半ば強制されていました。 

 Aさんは「こんなに働かせて、こんな低賃金しかもらえないことが我慢できない。ブラック企業そのものです」と語りました。 

 同社では26歳の女性が長時間労働の末、命を絶ち、今年2月に過労自殺として労災認定されたばかりです。 

 質問で田村議員は、時間外労働の上限を定めた厚生労働大臣の告示が月45時間、年間360時間と定めていると指摘。 
これを100時間も上回るとのべ、「是正するよう、自民党の厚労相としてものをいうべきだ」とただしました。 
田村憲久厚労相は「適正労働時間を守って、しっかりした雇用環境をつくる責任が経営者にある」と答弁しました。 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-19/2013061901_02_1.html