http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368242484
IQが低いほど人種差別をしたり偏見を持ちやすいことが判明  あっ(察し)
1 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] : 2013/05/11(土) 12:21:24.61 ID:J9H5rDh20● BE:1524376692-2BP(1000) [1/1回(PC)]
IQが低いほど人種差別をしたり偏見を持ちやすいことが判明(カナダ研究) 
http://www.zaeega.com/archives/54483483.html 
カナダ、ブロック大学の研究者チームが、「人のIQの低さと他に対して偏見を持ったり人種差別的傾向を持ったりすることとは関連がある」 
とする内容の調査報告を行ったそうです。 

チリのメディアによれば、調査報告は「子供のころにIQが低いことと、成人してから偏見を持ちやすい傾向、また人と交わる際の保守的傾向とは関連がある」としているそうです 

IQは「知能年齢と実年齢の関係」によるものなので、生涯不変というわけではなく、また、学力とIQ(知能)は必ずしも正比例するとは限らないそうです。もちろん、知能が高ければ、学力 (習得度) が高い可能性は十分にあるのですが、 
学力の向上にはIQ(知能)以外に心身的な要素、家庭環境、学習の仕方など多くの要素が入ってきます。 

(以下略)
4 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] : 2013/05/11(土) 12:23:41.91 ID:vSBqjwbv0(5) follower(1)
人種差別は薬で治る精神疾患?  Common Heart Drug May Combat Racism 
オックスフォード大学の研究者が、心臓病の薬で人種差別意識を緩和できそうなことを発見した  

一般的によく使われている心臓病の薬で、潜在的な人種差別意識が改まる可能性がある――そんな研究結果が発表された。 
研究では、交感神経の働きを抑えるベータ遮断薬「プロプラノロール」を服用した人と、プラシーボ(偽薬)を服用した人を比べた。 
すると前者のほうが、人種的偏見を抱く傾向が少なかったと、英インディペンデントが報じた。 
プロプラノロールは、心拍などの自律的機能をコントロールする神経回路に作用する。同時に、恐れや感情反応に関係する脳の部位にも作用する。 
そのため不整脈や高血圧などのほか、不安やパニック障害などの治療にも使用される。 

今回の研究結果は、人種差別は「恐れ」に根差すものだという事実によって説明出来るだろう――研究を行った科学者たちはそう考えていると、 
オーストラリアAP通信(AAP)は報じている。
160 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] : 2013/05/11(土) 13:33:48.72 ID:q/spysDu0(3)
人種差別は薬でなおるらしいじゃん>>4 
良かったなネトウヨ 
治療して恐怖を取り除いてもらってこいよ